外壁・屋根塗装工事

塗料の耐用年数自体にもよりますが塗り替え時期の目安として、一般的に10年前後となっております。塗装は外観だけではなく、建物を雨風や紫外線から守り、日々私たちの生活を支えている重要な役割を果たしています。塗装が落ち、防水効果が失われ劣化症状を置しておくと雨水等が柱や梁を腐らせ、雨漏りやその他、様々な大きな損害につながり、大規模な修繕工事が必要になる恐れもあり費用も大きな物になってしまいます。 ですから 日々の定期的な点検や補修が重要となります。

外壁塗装の目的

目的1 補修と防水機能の強化

建物は常に紫外線や風雨、夏の高温や湿気、冬の積雪といった過酷な環境にさらされているので、メンテナンスを行わずに放っておくこと、どんなきれいな新築の建物でも劣化してしまいます。
劣化してしまうと、外壁や屋根の防水機能が落ちてしまい、外壁や屋根材そのものを痛めるだけではなく、内部が腐食してしまう可能性もあります。
建物にとって湿気はその寿命を左右しかねない厄介なもの。適切な外壁塗装できちんと補修・強化を行うことで、湿気という大敵から大切なご自宅を守りましょう。

目的2 美観

建物において「美観」を保つことは重要なポイントです。誰でも自分の住む家をきれいに保ち、訪れた人に「素敵!」と言ってもらえたらうれしい気持ちになりますよね。しかし、インテリアにどれだけこだわっていたとしても、家の淡い色の外壁が黒ずんでいたら、よい印象は受けません。
言うなれば外壁とは建物の「顔」。女性が肌をお手入れすることでよりメイクが映えるように、塗り替えによってその建物の価値をより高める効果が期待できるのです。

目的3 特殊機能

塗料の中には、夏の暑さを和らげる遮熱や断熱機能を持った塗料、カビやコケを生えにくくする塗料などなど。特殊な機能を持つ塗料で塗装すれば、様々な付加機能を付けることもできます。

塗装をしないで放っておくと起きる劣化症状

建物は年月が経つと、チョーキング、カビやコケ、剥がれや膨れ、ひび割れや雨漏りなど、様々な劣化症状が見られるようになります。もしその症状を放っておくと、さらに劣化が進んでしまい、塗装だけでは対応できずに、もっと高額なリフォームが必要になる可能性もあります。
手遅れになる前に、劣化症状が出てきた場合は、早めに塗装を検討することをオススメします。