ウレタン防水工事

ウレタン防水工事とは液体状のウレタン樹脂を複数回塗ることでつなぎ目のない防水層を形成し雨水の浸入をふせぎます。防水工事のなかでは安価で液体状の為複雑な形状にも対応が可能でメリットが多く5~6年ごとにトップコートを再塗装する事で15年程度防水効果を保持できます。

密着・メッシュ工法

ウレタン防水材を下地に直接塗った後、メッシュのような補強布を貼り付け、その上からさらにウレタン防水材を所定の厚さになるまで塗り重ねていき、上塗材で仕上げる工法です。防水層が軽量であるので建物への負担が少ないです。複雑な形状にも対応が可能でバルコニーなどに適しています。

通気緩衝工法

通気性能を有する通気緩衝シートを張り付け、その上に塗膜防水材を塗布することで形成される防水工法です。 降雨等、上からの水分をシャットアウトすると共に、ふくれの原因となる下地に含まれている蒸気化した水分を脱気装置にて外部に排出させるため、安全で信頼性の高い工法です。

シーリング工事

シーリングは環境によって異なりますが、紫外線の影響を受け約5年を過ぎたあたりから劣化がはじまります。劣化が始まると、その「防水性」「伸縮性」を徐々に失い、最終的には雨漏りや外壁のひび割れの原因になります。雨漏りや外壁のひび割れは建物全体の劣化速度を一気に加速させる要因となりますので、気になることがあれば、すぐにご相談ください。

樹脂注入工事

外壁の改修工事では、「ひび割れ」「爆裂」「モルタル浮き」等を調べて、下地処理を行ないます。
建築物の外壁コンクリートのモルタル仕上げ又は、タイル壁の下地が浮いた状態の場合は、壁内部の浮いている隙間に対し
樹脂系の注入剤を圧入し、樹脂材硬化により隙間を硬く埋める事が出来ます。
建物の安全性並びに耐久性を維持する事ができます。

下地防水工事

高圧洗浄・高圧水洗

比較的面積の大きいほとんどの部位に有効で、旧防水層に付着している汚れを除去する為の工程です。
10Mpa~15Mpaの強い圧力によって噴射される水により、苔やほこりなどを洗い流します。
確実に洗浄されないと将来、接着不良等をおこし、防水層の性能が著しく低下してしまいます。

既存防水層撤去

環境等の配慮から、既存の防水層を残して新規防水層をつくる、かぶせ工法が主流となっていますが、下地の劣化具合や工法の種類によって、撤去の度合いが変わってきます。
本来撤去しなければならない個所をそのままにして新規施工をしますと、漏水を引き起こす可能性が高くなります。
撤去・非撤去の診断は防水施工管理技術者等の有資格者が行うのが賢明です。

ケレン・清掃

防水層を撤去した場合、ただ撤去するだけではなく、その後のケレンが肝心です。
新規防水層をつくると、見えなくなる部分ですので、適当に作業しがちですが、下地がでるまで、スクレパー等でのケレンが必要です。
端末まできちんと手を入れなければなりません。

樹脂ノロ引き

下地が荒れている場合や、新旧防水層の相性によってはセメントと樹脂と水を混ぜ合わせた樹脂ノロ(ポリマーセメントペースト)を下地に塗布する必要があります。
下地の状態によって樹脂ノロに硅砂を混合した樹脂モルタル(ポリマーセメントモルタル)で下地調整をします。

漏水防水工事

コンクリートの漏水はさまざまな原因で起こります。適切な改修を行わなければ、大きなトラブルにもつながり兼ねません。
まずはなぜ漏水が起こるのかを把握し、対策について考えることが重要です。
コンクリート漏水は、どれだけしっかり施工を行ったとしても経年により必ず発生してしまう問題です。
将来の漏水を防ぐための手段としては、「対策」と「都度修理」の2種類があります。所有する建物の状態により、最適な方法を選択しましょう。

防水調査

屋上防水の経年劣化により 雨漏れになってしまいます。
ご連絡いただければ早急に対応し応急処置させていただきます。

外壁塗装工事

塗料の耐用年数自体にもよりますが塗り替え時期の目安として、一般的に10年前後となっております。塗装は外観だけではなく、建物を雨風や紫外線から守り、日々私たちの生活を支えている重要な役割を果たしています。塗装が落ち、防水効果が失われ劣化症状を置しておくと雨水等が柱や梁を腐らせ、雨漏りやその他、様々な大きな損害につながり、大規模な修繕工事が必要になる恐れもあり費用も大きな物になってしまいます。 ですから 日々の定期的な点検や補修が重要となります。